最先端 四国化成 SJ-BPBA08 平地支柱B ベースプレート式 セイフティビーム 屋外手すりビーム2段-手すり

36歳で脳出血を発症し、約半年間の絶食から通常食を食べられるようになるまでの記録

約半年間の病院での食べる訓練と、その後の在宅介護で試行錯誤を繰り返しながら2年かけて嚥下障害を克服していった経過

家族を守れるのは家族しかいない

『誰か助けて!』と叫んでも今の世の中の医療体制はそれに応じてはくれず、結局は家族がやるしかないという厳しい現実。

注目の記事

3個セット☆ 長角皿 ☆ 錦古代長角尺皿 [ 160 x 270 x 25mm ] 【料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用 】10個セット☆ 組皿 ☆ 彩時空・夢7.0丸皿 [ 210 x 22mm ] 【料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用 】

最新の記事

【最大44倍お買い物マラソン】業務用エアコン 三菱 PLZT-ZRP224LV 2方向天井カセット形 8馬力 三相200V 標準パネル [♪$]

病院にお任せでは大事な家族は救えない。知識や情報を集め、行動していくことが大事

食べられないと言われた父が2週間でカレーライスを食べられました。胃ろうにしても適切な治療とリハビリと食事介助で食べられるようになる可能性があります。

母の口から食べる幸せを守り続ける

KTSM家族会の成功例や知人の胃ろうから口からの食事に成功した例などの話を聞き、経鼻経管を今にでも中止し何としても口から食べさせることが母にとって最良の決断だとの考えを強く持ちました。

ログイン