輝く高品質な un.mode un.mode_phone01_w UM-01_W(代引不可)-スマートフォン本体

36歳で脳出血を発症し、約半年間の絶食から通常食を食べられるようになるまでの記録

約半年間の病院での食べる訓練と、その後の在宅介護で試行錯誤を繰り返しながら2年かけて嚥下障害を克服していった経過

食事サポーターインストラクター

食べることが難しくなることは万が一ではありません。誰にでも起こりうることです。そうならないように予防法を知り、備え、大...




phone01はun.modeブランドから出た初の製品です。機能は通話とSMSだけ、シンプルだけど仕事にもプライベートにもきっと活躍できる、そんな想いを込めて製品化致しました。
商品説明
■ 見やすい画面・大きなボタン 携帯本体の大きさは小さいですが、画面はどなたでも見やすく2.4インチと大きいものになっています。本体の半分弱を画面が占めているので、電話がかかってきたときの番号表示も文字が大きく映り、仕事中や手が離せない時でも連絡元などの必要な情報のみを素早く確認することができます。また、キー操作にも問題がないように大きめのボタンを採用しています。全体は小さいですが、各分は大きく製造しており見やすい・使いやすい製品を心掛けました。今では懐かしいキーの感覚を味わうことができます。法人用の携帯電話としてもご利用いただけるよう、phone01は長時間待受け(約1週間)に加え、800MHz(BAND6)対応のため出張が多い方にも安心してご利用いただくことができます。またSIMフリーモデルですので通信会社との契約状況に合わせ、2年契約だけでない短期間のご利用にも対応できます。最近のスマートフォンでは見かけなくなった、カメラなし、ストラップホール付きといった法人用携帯としての基本機能にも対応しております。
■ 建物の中や地方でも電波が届きやすい800MHz(BAND6)に対応 800MHz(BAND6)はプラチナバンドと呼ばれ、遠くまで届きやすく、コンクリートの壁を透過しやすいという特徴を持っているため、ビル内部や建物の奥の方にもよく届きます。営業で地方へ赴くことが多い方やビル内で打ち合わせが多い方に最適です。
■ 待受時間約1週間 スマートフォン1台で電話やインターネットを行うと1日に1回は必ず充電が必要になります。1450mAhの容量を備えたphone01なら、待受時間は約1週間持続するため、日中も残りの充電の残量を気にすることなく持ち歩くことが可能です。急な外出や出張時に充電器をうっかり忘れてしまっても安心です。商品仕様製品タイプ:その他モバイル端末
製品シリーズ:un.mode
ディスプレイサイズ:2.4インチ
仕様:
■サイズ:縦124mmx横57mmx高さ19mm
■重さ:102g
■対応周波数:W-CDMA800MHz / 2100MHz、GSM850MHz / 900MHz / 1900MHz
■SIMスロット:1スロット
■SIMサイズ:標準SIM
■SDカード:最大32GB
■ディスプレイ:サイズ 2.4inchLCD TFT
■解像度:QVGA(240x320)
■バッテリー容量:1450mAh
■通話時間:5時間
■待受時間:200時間
■Bluetooth:バージョン4.0
■プロトコル:A2DP/HFP
グリーン購入法:非適合
RoHS指令:非適合
PSE:適合PSE:適合


【代引きについて】
こちらの商品は、代引きでの出荷は受け付けておりません。


【送料について】
北海道、沖縄、離島は別途送料を頂きます。

家族を守れるのは家族しかいない

『誰か助けて!』と叫んでも今の世の中の医療体制はそれに応じてはくれず、結局は家族がやるしかないという厳しい現実。

注目の記事

MITSUBISHI Mirage スポイラー Fit For Mitsubishi Mirage 2012-2015 Spoiler Rear Trunk Center Wing Unpainted ABS 三菱ミラージュ2012-2015スポイラーリアトランクセンターウイング未塗装ABSのための適合銅たこ焼台 3連セット 12・13A D(36穴x1枚・18穴x1)

最新の記事

【正規販売店】ペッレモルビダ クラッチバッグ S Capitano Clutch Bag(Small) PELLE MORBIDA PMO-CA205

もう一度、食べられる奇跡を起こしたい

何でも噛んで食べられることが自慢だった父が入院して絶飲食。本当に父は絶飲食を強いられる嚥下機能なんだろうか?

病院にお任せでは大事な家族は救えない。知識や情報を集め、行動していくことが大事

食べられないと言われた父が2週間でカレーライスを食べられました。胃ろうにしても適切な治療とリハビリと食事介助で食べられるようになる可能性があります。

母の口から食べる幸せを守り続ける

KTSM家族会の成功例や知人の胃ろうから口からの食事に成功した例などの話を聞き、経鼻経管を今にでも中止し何としても口から食べさせることが母にとって最良の決断だとの考えを強く持ちました。

NPO法人口から食べる幸せを守る会第7回全国大会に参加した雑感

「食べることを支える取り組み」に関心がある方にお読みいただければと思い、ご紹介します。

ログイン